産業用超微細気泡発生装置設計製作販売、窒素・オゾン・水素他各種ガス発生装置製造販売|空調熱源系計装ソリューション|制御盤の設計・製作・メンテナンス

お問い合わせはこちらから

TEL:077-545-6851 FAX:077-543-0584

ピンチスチームトラップ

特徴

  • コンパクトなボディ
  • 一次側にウォーターシールを形成する為、作業時に生蒸気の排出なし
  • 小さなゴミはストレート流路により排出
  • 最大91kg/hの排出量
  • 逆圧の有無にかかわらず作動
  • 機械駆動部をなくし、故障率を低減
  • 垂直、水平の取付けが可能
  • 自動的にエラーを排除

作動原理

温度に敏感なハンドロカーボン・ワックス(赤)が、凝縮水および蒸気の温度に反応して、モジュレーター(黒)を開閉させます。

流れる方向

A.室温でのピンチ・スチームトラップは全開状態であり、スタートアップできる状態にあります。

B.スタートアップ後、生蒸気がモジューレーターを加熱することによりトラップが硬く閉止します。

C.平衝状態に達した後、凝縮水はピンチ・スチームトラップを通過します。不純物はトラップのインライン流路により排出されます。

OPTピンチ・スチームトラップの投資効果

多くのスチームトラップは正常に作動していても、凝縮水排出時に生蒸気も一緒に排出しています。
その蒸気損失コストは次の計算により求められることができます。

損失金額=蒸気損失量(kg/h) × 稼働時間(h/日)× 稼働日数(日/年) × 蒸気単価 (円/kg)

排出口のサイズ 3.2mm
蒸気圧力 0.68MPa
トラップの数 1箇所
蒸気コスト ¥800/t
設備稼働時間
(24時間×7日)
168時間
生蒸気排出時間 12秒に3秒排出

コスト=(23.98kg/h*) × (1箇所) × (168時間) × (¥0.8/kg) × 1/4
=¥803/週
=¥3,212月
=¥38,550/年

(*蒸気損失量は米国商務省国立基準局の資料による)

OPT ピンチ・スチームトラップは、一次側にウォーターシールを形成する為、作動時に生蒸気の排出がありませんので、無駄にコストが発生しません。

ISO管用メスネジサイズ 圧力範囲MPa 使用限度温度 ℃ 型式 凝縮水排出温度 ℃
1/2 0.01〜0.17 130 1/2OPT25RT 93
1/2 0.17〜0.69 170 1/2OPT100RT 116
1/2 0.69〜1.38 197 1/2OPT200RT 116
3/4 0.01〜0.17 130 3/4OPT25RT 93
3/4 0.17〜0.69 170 3/4OPT100RT 116
3/4 0.69〜1.38 197 3/4OPT200RT 116

(標準以外の排出温度も設定できます。標準外のタイプにつきましては、当社までお問い合わせください。)

  • ・安全にお使いいただく為、必ずご使用前に取扱説明書をお読みの上、正しくご使用ください。
  • ・製品は改良の為、予告なく仕様変更する場合がございますので、ご了承ください。
  • ・詳しい性能、仕様等につきましては。当社までお問い合わせください。

ピンチスチームトラップの導入事例と試験結果はこちら